あのころ

【あのころ】ナカノという男

あの頃は、なんだかよく分からなかったけど、いま思い返すと感慨深いことって多いなと思う。

ナカノの紹介

友人に『ナカノ』という男がいる。

幼稚園から一緒で、小学校・中学校も同じ学校に通い、どの学年でも一番背の高い男だった。

同じクラスであったこともあるし、違うクラスだったこともある。

具体的には覚えていないが、だいたい同じクラスだったとは思う。

さらに、僕とは少年サッカークラブまで一緒だったので、自然と遊ぶ時間も多かった。

彼は、背が高くて、背の順ではいつも一番後ろで、同級生からも下級生からも上級生からも人気だった。

中学校では、学級委員を3年間務めていて、先生たちからの評判も良かった。

人当たりも良くて、特定のいじめにも参加しない、わかりやすく人気のあるタイプの人間だった。

教師を手玉に笑いを取るパワー

ここまでの紹介だと、ナカノという男は、真面目で背が高いスポーツマンで人気という感じになってしまいそうなのだが、決してそんな簡単な人間ではない。

人気だからなのか、教師を手玉に笑いをとり、それが爆笑に繋がる。

下手なやつがそんなことをしたら、教師から反感を買う可能性もあるのだが、ナカノの場合はそんなことにならない。

これが、ナカノの魅力なのだ。

技術担当教師キムラ

中学3年の時に、技術担当の教師が新しくなった。

僕らは、技術の授業を受けるために、教室から技術室に移動する。

すると、見た目は「佐藤二朗」のような風貌の新しい技術教師が立っていた。

もちろん、当時の僕は佐藤二朗のことなど知る由もないので、今思い返せば佐藤二朗さんに似ていたな、という具合である。

その佐藤二郎似の技術担当教師は、初めて会う生徒たちに自己紹介を行うことにしたようだ。

彼は、まず黒板に自分の名前を書いた。

『木村 力』

続けて、彼は言った。

「先生の名前、読める人いますか?」

いま考えれば、はっきりいって面倒臭い男である。

自分のことをクイズ形式にしてくるとは、「何歳ですか?」の質問に「いくつに見える?」で返してくるのと同じぐらいの面倒くささを感じる。

しかし、当時は中学生の集まりなので、面倒臭いとは思わず、思いついた者が好き好きに名前を挙げていった。

『きむら ちから』・『きむら りき』・『きむら か』と、読めそうな名前をあげるが、佐藤二郎似の教師はしたり顔だった。

「いやいや全然違うよ、他に誰か読める人いませんか」と。

そこで、ナカノが叫んだのだ。

「きむら パワー!!!」

クラスが機関銃のように笑う、天才である。

漢字を英語読みするなんて、20年前以上の中学生が考えつくものだろうか。

もしや、キラキラネームの元を辿るとを、実はナカノの発案だったということになるのではないだろうか。

最終的に、機関銃は鳴り止み、佐藤二郎似が答えをいう。

「きむら つとむです。」

2秒後に忘れたいぐらいどうでもいい教師の下の名前を、20年以上たった今でも覚えているのは、ナカノのパワーのおかげである。

理科Ⅰ担当教師ワカサ

それは、理科Ⅰの『慣性の法則』の授業中に起こったことだった。

理科Ⅰ担当ワカサは、板書するよりも生徒へ質問を投げかけて、対話や質問によって考える力を養うのが好きなタイプだった。

小学校と違って、教師からの質問に手を上げて回答する者が、めっきりいなくなる中学校では、ワカサの授業は生徒からの評判もよかったと思う。

いま、思い返せば、池上彰さんの番組のような構成で授業が行われていた。

池上彰が質問するー正解であれば深く褒めるー不正解であればしたり顔で解説ー回答する生徒の周りが同じパネラーで、回答者から少し席の離れている生徒は視聴者。

ワカサは、最初に回答したもの者を中心として、周囲と相談してもいいという形式でどんどん質問していくという授業スタイルだった。

授業のテーマは、慣性の法則で、最初は「電車の中でジャンプすると人はどうなりますか」から始まった。

この質問がけっこうな盛り上がりを魅せていた。

そんなこと今まで考えたこともなかった中学生たちから、様々な意見が出る。

「いやいや、その場に着地しているでしょ」という者と

「実は数センチ、移動しているんじゃない?」という者がいるのだ。

そんな中、クラス内の勉学の天才ドイちゃんが答える。

「けど、地球は自転してるのに、この場でジャンプしてもその場に着地します! だから、電車の中でジャンプしてもその場に着地します。」

やはり、天才である。

授業は、慣性の法則に関する最大の疑問に差し掛かっていて、『電車の中でキャッチボールをしたらそのボールはどうなるのか』という質問に変わっていった。

質問に回答するのは、勉強に難ありのヨシカワだった。

「ヨシカワくん、時速100kmの電車の中で進行方向とは反対に時速100kmでボールを投げたら、そのボールはどうなりますか。」とワカサが質問を投げかけた。

ヨシカワは答える。

「うーん、わかんないけどボールが消える!」

クラス全体が、VHSの一時停止ボタンを押したかのように止まった。

なぜなら、理科Ⅰの慣性の法則に対して、生徒たちの興味はマックスになっていた。

ドイちゃんの高明なる回答によって、慣性の法則に関する謎は生徒たちの楽しませてくれるエンターテインメントにまでなっていたはずだ。

その最高のピークに、ヨシカワがとんでもない水を差したのである。

せめて、時速200kmになるとか時速100kmのままとか言ってくれればいいのに、まさかの回答で、消える魔球を出してしまった。

ヨシカワが勉強に難ありなことはクラスも教師も分かっていたが、これにはワカサも呆れ顔で何も言わずにヨシカワに背を向けて、黒板の方へ歩み始めた。

そこで、天才ナカノが叫んだのだ。

「シカト!?」

ワカサも狼狽して、「いやいや、シカトじゃないんだよ。シカトじゃないんだけど。」

まさかの教師に、叱責である。

しかし、ただ叱責しただけでなく、クラスを爆笑に包み込んだ叱責だ。

なかなか中学生にできる技ではない、といま思い返すと感動すら覚えるのだ。

数学担当教師ホシノ

最後は、数学担当であるホシノを手玉にとった話だ。

ホシノは数学担当でありながら、僕らの担任でもあった。

そして、クラスだけでなく学年全体を横断して文化祭の劇の準備を進めていたのだ。

僕は、劇中では一言しか喋らない村の子供AだかB役だったが、学年全体の劇に関する音響を任されていたのだ。

つまり、劇の必要なタイミングで放送室からカセットテープを流して、劇に挿入音を入れる裏方の仕事であった。

僕らの劇は、バナナをみたことがない殿様が皆に毒味をさせ、なんやかんやあって百姓一揆が起こるるという内容だった。

そこで、クライマックスの百姓一揆を想起させる挿入音が必要だ、ということになった。

ホシノが声かけをしてくれて、数人の男子が放送室に集まってくれた。

ラジカセの録音ボタンを押したら、皆が一斉に教科書を丸めて机を叩きながら叫ぶ。

「年貢を返せ〜!」・「バカ殿!!」・「殿様出てこーい!」

百姓一揆がこんな風に行われていたのかどうかが、定かではないが、百姓一揆感が出ればよいのだ。

もちろん、このメンバーの中にナカノもおり、天才の叫びが始まった!

「インポー!! 殿様のインポー!!」

ホシノが速攻で、「ナカノ! お前ふざんけんなよ!」と半笑いで言って、放送室から退出させられていた。

もちろん、僕もインポという言葉を知っていたが、思春期真っ只中の中学生にとって、勃起不全なんて想像もできない状態であった。

想像ができないからこそ、それがとりわけ侮辱であるとも受け取れていなかった。

しかし、中学生にしてナカノは知っていたのだ。

EDを指摘することが、大人を怒らせるのにかなり有効であることを中学生にして知っていたのだ。

ホシノの半笑いだったので、心当たりがあったのかもしれない。

僕らは、ナカノのおかげで録音がやり直しになり、残ったメンバーで再度、殿様を罵倒することになった。

ABOUT ME
ryo1985
都内勤務30代。5歳♂4歳♀8ヶ月♂の父。2020年1月より1年間育児休暇取得。その期間をオーストラリアのメルボルンへ移住しています。 時間だけはたくさんあるので、仕事の相談でも悩みの相談でもお気軽にどうぞ!
何を始めたい?

子作りを始めたい

【妊活をはじめる前にできること】子供を授かるために必要なこと3つ

子供たちがスタートラインに立っている
【妊活をはじめる前にできること】子供を授かるために必要なこと3つ妊活を始めるのに必要なこと3つ紹介。産婦人科・精液検査・風しん対策は安全に赤ちゃんを迎えるに最低限必要です。子作りを考える夫婦が妊活する前に医療に頼る大切さを学ぶことができます。...

お金の相談を始めたい

保険代理店に相談する理由!保険加入・家計相談・住宅購入・資産運用

保険代理店に相談する理由
保険代理店に相談する理由!保険加入・家計相談・住宅購入・資産運用万が一の時に備える保険に加入する時には保険屋さんに相談しましょう。自分だけの判断で保険に加入し、万が一の時に保険適用されなかったら補償がされません。必ずプロに相談しましょう。...

お産の準備を始めたい

【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備

赤ちゃんがバウンサーに乗っている
【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備お産の立ち会いからベビーグッズまでの赤ちゃんを迎える初めての準備に必要なものを紹介しています。バウンサーはあった方が便利ですし、抱っこ紐はcuseberryがおすすめです。...

育休中にブログを始めたい

【10分でブログを始める方法】Xserver社クイックスタート

【10分でブログを始める方法】Xserver社クイックスタートXserverのクイックスタートサービスを使用して、ブログを始める方法をまとめています。毎月かかるドメイン費も無料で使い続けることができるので、キャンペーン中に申し込みをすることをおすすめします。...

子供の習い事を始めたい

【子供の習い事で親が変わる!】子育てから教わる教育方針と信念

【子供の習い事で親が変わる!】子育てから教わる教育方針と信念子供の習い事どうしようかと悩んでいませんか。子供が習い事に通うことで、親が教育方針や子育てに対する信念を教わるタイミングがあります。習い事の実体験から親の学べることを紹介します。...