出産

【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備

産を直前に控えた夫婦が、

「出産の準備は、これで万全なのだろうか」と不安に思っていませんか?

特に、初めてのお子さんであれば、何をどれくらい買えばよいか、迷いますよね。

なぜなら、出産以降のママは買い物などになかなか動くことができないからではないでしょうか。

この記事では、お産の立ち会いからベビーグッズの準備まで、分かりやすく紹介しています。

この記事はこんな人に向けています

出産を直前に控えた夫婦

パートナーと共有する赤ちゃんを迎える初めての準備

出産前にできていることリストをパートナーと共有しておきましょう。

赤ちゃんを初めて迎える準備が以下↓ です。

  • パパの立会い
  • 連絡経路共有
  • 病院への提出物
  • 入院グッズ
  • 分娩グッズ
  • 赤ちゃんグッズ
  • 自分グッズ
  • 出産費用

多いですが、大切なことなので、必ず一つ一つ話し合っておきましょう。

パパの立ち会い

パパは、お産に立ち会うかどうか決めておきましょう。

できるのであれば、立会うことをおすすめしますよ。

なぜなら、自分の子供がどうやって生まれてくるのか見届けたくありませんか。

その資格を持っているのはパパだけです。

実際に僕は、第1子と第3子は立会いました。
(第2子は向かったのですが間に合わずでした)

生命が生まれる瞬間は、本当に今まで体験したことのない気持ちになりますよ。

余談ですが、どんな気持ちになったかというと、「ジョジョの奇妙な冒険」のゴールドエクスペリエンスというキャラクターになれます。

そのキャラクターの能力が、「生命を与える」というものなので、

子供が生まれた瞬間、自分が生命を作り出したんだと、ゴールドエクスペリエンスになった気持ちになりますよ。

出産時にゴールドエクスペリエンを体験できる漫画:「ジョジョの奇妙な冒険/第5部」・作者:荒木飛呂彦

連絡経路の確認(親)

生まれたらすぐに報告できるように、連絡先を把握しておきましょう。

パパは義両親の連絡先を知っていますか。

義母と連絡とったことはあるけど、義父の連絡先を知らないなどありませんか。

LINEなどでグループを作っておくと早くておすすめです。

出産したら、ママの代わりに連絡してあげましょう。

連絡経路の確認(陣痛タクシー)

陣痛タクシーを利用するのであれば、事前登録が必要です。

必ず、夫婦で連絡先を控えておきましょう。

陣痛タクシーの連絡先一覧

普通のタクシーと何が違うの?

陣痛タクシーだと事前に登録しておけるので、自宅と病院の住所をすでに伝えてある状態です。

また、座席には破水に備えて防水シートを用意してくれますよ。

病院への提出物

病院への提出物は、下記↓ です。

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑

印鑑が普段の持ち物の中に入っていないかと思いますので、忘れずに準備しましょう。

入院グッズ(バック1)

バックは入院グッズと分娩グッズに分けておきましょう。

入院グッズは、以下↓ です。

  • パジャマ
  • スリッパ
  • 下着
  • 洗顔用具
  • お風呂セット
  • コップ

足りないと思ったら、パパに持ってきてもらえれば大丈夫ですよ。

分娩グッズ(バッグ2)

バックは入院グッズと分娩グッズに分けておきましょう。

分娩グッズは、以下↓ です。

  • カメラ(静止画・動画)
  • 5,000円ぐらいの現金
  • 飲み物(ペットボトル)
  • ペットボトル用キャップ付きストロー

カメラは、唯一パパが活躍できる場面ですよ。

カメラ(静止画・動画)

カメラの充電とデータ容量も確認しましょうね。

持って行ったら、充電がなかったなんてことになったら、一生ものですよ。

僕は、動画も静止画も撮影できて、手ブレの安定感とコンパクト感が魅力のこのカメラを使用しています。

カメラのおすすめは追加予定です!

5,000円くらいの現金

病院の売店で、ちょっとしたものを買う時のために現金を用意しておきましょう。

場所によっては、電子マネーが使えないかもしれないので現金がいいですね。

飲み物(ペットボトル)

お産用に、ママの飲み物を用意しておきましょう。

ママの好みであれば、なんでもいいと思いますけど苦しい時に元気出るやつですかね。

レッドブルとかは、カフェインとか糖分が多いのでやめた方がいいです。

ペットボトル用キャップ付きストロー

ペットボトル用キャップ付きストローはあると便利なので、準備しておきましょう。

病院からの持ち物リストを見る

病院側からの指示に持ち物リストがあるので、それも確認しておきましょう。

母乳用のパッドやお産直後のショーツなどは、病院側が用意してくれるところもあるので、

何を持ってけばよいのか確認しましょう。

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんの服と肌着は退院する時に必要なので、「バッグ1」に入れておきましょう。

バウンサーは、値段的にもいるかどうかと迷いがちですが、あるとめちゃくちゃ便利なので僕は購入を推奨します。

  • 赤ちゃんの服
  • 赤ちゃんの肌着
  • おくるみ
  • おむつ
  • ミルク
  • 哺乳瓶
  • ミルトン
  • ガーゼ
  • ベビーバス
  • ベビー用ソープ
  • ベビー用柔軟剤
  • ベビー用クリーム
  • ベビーベッド
  • チャイルドシート
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • バウンサー

もし、グループからのお祝いをもらえるのであれば、バウンサーやベビーカーをお願いしてみてもよいかもしれませんよ。

赤ちゃんの服と肌着

必要になるので5セットぐらい用意しましょう。

おくるみ

防寒にも日除けにもなるので用意しましょう。

おむつ

病院内では、用意があります。

家に帰ってから必要になるので、購入しておきましょう。

ミルク

完全母乳の病院でなければ、病院内に用意があります。

楽なのは、明治の「らくらくキューブ」ですね。

これは、革命的な便利さです。

しかし、赤ちゃんが飲まなかったら無駄になるので、最初は少しだけ準備しましょう。

哺乳瓶

哺乳瓶は、最初は160mlの小さいものを3つ購入しておきましょう。

160ml以上飲むようになったら、240mlのサイズを2つでよいと思います。

あんまり、飲まないなと思ったら、乳首の大きさだけ変えて様子を見てあげましょう。

ミルトン

ミルトンは、絶対必須の哺乳瓶の消毒キットです。

必ず用意しましょう。

ガーゼ

ガーゼは、「こんなもん、なんぼあってもいいですからね」という声が、聞こえてくるほどです。byミルクボーイ

授乳・ミルク・朝の洗顔まで使用用途は多岐に渡ります。

ベビーバス

ベビーバスがないと、毎回一緒にお風呂に入ることになりますし、赤ちゃんが長湯できないので、一緒に入りません。

生まれて3ヶ月ぐらいは、赤ちゃんは朝風呂で沐浴しましょう。

プラスティックタイプビニールプールタイプとあります。

プラスティックタイプは、安定します。

ビニルプールタイプは、捨てる時に楽です。

ベビー用ソープ

石鹸だと泡立てるのがめんどくさいので、ベビー用ソープは泡タイプを購入しておきましょう。

ベビー用柔軟剤

赤ちゃんの服を、別で洗い、洗剤や柔軟剤も分けて使用しましょう。

我が家では、大人の服も子供の服もまとめて、ベビー用柔軟剤にしてました。

ベビークリーム

お風呂から上がったら、ベビークリームでしっかり保湿してあげましょう。

我が家では、アロベビーを使用していました。

もし、保湿しても肌荒れ(乳児湿疹)がひどい時は、すぐにお医者さんに相談しましょう。