お金

【子育てにかかるお金】出産費用・生活費・教育資金の捻出・運用方法

育てにかかるお金の捻出方法と運用方法について、まとめました。

分かりやすいところでは、いま0歳の子供がいるのであれば、

15年後に高校入学、18年後に大学か専門学校へ進学する可能性があります。

子育てにかかるお金まとめ

その時を見据えて、生まれる前から準備する必要がありますよね。

この記事を読んでいただけたら、出産費用と生活費と教育資金の捻出方法と運用方法について紹介しています。

この記事はこんな人に向けています

子育てにかかるお金について考えている人

結論から言うと、自分の家の家計について相談できる保険代理店担当者を見つけられれば、お金の不安を解消することができます。

\保険代理店の中で1番信頼ができる/たくさんある保険を一人で選ぶの?
【保険見直しラボ】

保険見直しラボ口コミ!評判!
【保険見直しラボ】口コミ!評判・店舗・キャンペーン・取り扱い情報保険見直しラボの口コミや評判やキャンペーンについて紹介しています。取り扱い保険会社数は32社、利用者が安心できるようにベテランのコンサルタントやイエローカード制度を設けている信頼できる保険代理店です。...

他にも、そもそもなぜ保険屋さんに相談するのか、ということもまとめています。

保険代理店に相談する理由
保険代理店に相談する理由!保険加入・家計相談・住宅購入・資産運用万が一の時に備える保険に加入する時には保険屋さんに相談しましょう。自分だけの判断で保険に加入し、万が一の時に保険適用されなかったら補償がされません。必ずプロに相談しましょう。...

出産費用は、最初にかかる子育てのお金

子供が生まれた瞬間からお金がかかります。

出産費用は、病院・地域・分娩方法によって金額が異なるようですが、出産費用の平均で調べてみると、50万円程度だそうです。

そんな大金、おいそれ! と払えないですよね。

出産一時金制度がある

健康保険に入っていれば、子一人につき出産一時金42万円が支給されます。

なので、出産費用平均額が50万円だったとしても、42万円は支給されるため、自分たちのお財布から出るお金は8万円です。

けれども、8万円は平均額です。

分娩方法によっては、8万円よりも高い金額を払うことになります。

出産費用は医療保険加入で捻出できるかも

医療保険に加入することによって、出産費用をすべて無料にできる可能性があります。

僕の場合は、むしろプラスになりました。

医療保険に加入する必要性と適用された時の体験談を「【妊活・出産保険に加入する必要性】医療保険が適用された体験談」でまとめています。

病院で子供が熱を計っている
【妊活・出産保険に加入する必要性】医療保険が適用された体験談吸引分娩によって医療保険が適用された体験談から、妊活・出産保険に加入する必要性を紹介しています。メリットデメリットを見ても、妊活・出産前に、医療保険に加入の必要性に気づくことができます。...

余談ですが、病院で出産する人の4分の1は、帝王切開というデータがあります。

4人に1人は、帝王切開だという事実を聞くと何かあった時のために準備する必要があることが明らかです。

生活費は、永遠にかかる子育てのお金

子供が生まれるとずっとお金がかかります。

子育てに必要な費用は、1人あたり2000万から3000万円程度だそうです。

しかし、毎月・毎年同じお金がかかるのではなく、進学や結婚のタイミングでかかる金が変わってきますよね。

子供のお金がかかるタイミングをシミュレーションできる

子供の成長タイミングに合わせて、お金がいくらかかるのかシミュレーションすることができます。

なので、子供が2人欲しいとか3人目はいけるだろうか、など考えたい時に年収と生活費を考慮して、どうするか判断することができます。

毎月の生活費っていくらかかるの?

保険代理店の担当者に、相談することによって、お金がいくらかかるのシミュレーションすることができます。

さらに、相談料などは一切なく、すべて無料です。

子育てに関する費用を保険代理店に相談する方法を「【子供2人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法」でまとめています。

【子供2人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法子供2人の生活費にかかるお金をシミュレーションしてみませんか。シミュレーションは、必要な貯金や年収を計算して将来設計できる第一歩です。自分の家計の状況を知ることで不安を軽減することができます。...

教育資金は、誰もが貯めるべき子育てのお金

子供が育つには学費などの教育資金がかかります。

教育資金は、子供の進学する道によって大きく異なるようですが、すべて公立とすべて私立の差は、1500万程度と言われています。

児童手当がある

すべての子は、生まれた月から児童手当が支給されます。

児童手当は、子供が中学生になるまでの4ヶ月毎に支給され、その総額は約200万円です。
※児童手当には、所得制限があります。

この児童手当を全て貯蓄しておけば、誰でも教育資金を200万円貯めることができます。

教育資金はどうやって運用する?

この200万円をただ銀行に預けておけばいい、というわけではありません。

貯蓄型保険に加入することによって、貯蓄もでき万が一にも対応することができます。

もちろん、万が一がなければ、支払った金額よりも多い金額が還ってきます。

誰でもできる教育資金の貯め方は、【誰でもできる教育資金の貯め方】児童手当を運用して200万円積立でまとめています。

【誰でもできる教育資金の貯め方】児童手当を運用して200万円積立誰にでもできる教育資金の貯め方は、児童手当を貯蓄型保険で運用する方法です。簡単で貯蓄と万が一の補償を兼ね備えることができます。貯蓄型保険の特徴・メリット・デメリットを紹介しています。...

お金の知識を持った専門家が相談に乗ってくれる

子育てに関するお金の悩みは、保険代理店の担当者へ、すべて無料で相談することができます。

保険代理店にお金の相談をした方がいい人はこんな人

どれか一つでも当てはまる場合は、保険代理店に相談してみましょう。

  • お金に関する専門的な知識がない
  • 家計の見直し方がわからない
  • お金のことを相談できる相手がいない
  • 子供の教育資金が不安

僕も保険代理店に相談した時から、家族のお金について考えるようになりました。

自分の家の家計について相談できる保険代理店担当者を見つけられれば、お金の不安を解消することができます。

\保険代理店の中で1番信頼ができる/たくさんある保険を一人で選ぶの?
【保険見直しラボ】

保険見直しラボ口コミ!評判!
【保険見直しラボ】口コミ!評判・店舗・キャンペーン・取り扱い情報保険見直しラボの口コミや評判やキャンペーンについて紹介しています。取り扱い保険会社数は32社、利用者が安心できるようにベテランのコンサルタントやイエローカード制度を設けている信頼できる保険代理店です。...

まとめ:子育てにかかる出産費用・生活費・教育資金の捻出・運用方法

最後に、もう一度子育てにかかるお金の捻出・運用方法をまとめます。

子育てにかかるお金まとめ

準備をしていないのであれば、急いだ方がいいです。

なぜなら、医療保険に加入するのであれば、若い方が保険料が安くなるし、教育資金を運用するのであれば、早くはじめて長く運用した方がいいからです。

終わりに

宝くじでも当たってくれればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないので、お金の悩みはいつまでも尽きません。

しかし、必要なお金をシミュレーションすることができれば、合わせて準備を考えることもできます。

記事を読んでいただいた感想や疑問など、僕で答えられることがあれば、twitterからDMください!

ABOUT ME
ryo1985
都内勤務30代。2020年1月より1年間育児休暇取得。その期間を海外での生活して見るのもいいんじゃないかと考え、調べに調べて育児休暇中のみオーストラリアのメルボルンへ移住。5歳♂4歳♀6ヶ月♂と毎日戯れる日々を送っています。
家族に関する悩み一覧
RELATED POST