妊活

【妊活をはじめるおすすめタイミング】5月生まれは保育園に入りやすい

働き夫婦が、そろそろ妊活をはじめたいと考えているけれども、

「きっかけが掴めない」と、悩んでいませんか?

実は、共働き夫婦が子作りをはじめるのに、最高のタイミングは5月生まれを意識することです。

なぜなら、5月生まれだと保育園に入りやすいからです。

この記事では、日本の保育園システムの説明と合わせて、子作りをはじめる最高のきっかけを紹介しています。

この記事はこんな人に向けています

妊活をはじめるきっかけを探している共働き夫婦

妊活をはじめるタイミングは、5月生まれがおすすめ

共働き夫婦が、子作りをはじめる最高のタイミングは、5月生まれを意識することです。

なぜなら、共働き夫婦が職場復帰するためには、保育園の入所が必須であり、5月生まれの子供は保育園に入りやすいためです。

5月生まれするには、妊活タイミングは8月29日

5月生まれにするためには、妊活タイミングを8月29日から取り始めましょう。(覚え方はヤキニクの日です)

なぜなら、8月29日であれば、出産が前後しても5月生まれになるからです。

8月29日の子作りで妊娠できたら、

  • 40週で生まれたら、5月22日が誕生日
  • 37週で生まれても、5月1日が誕生日

赤ちゃんは、40週で産まれると言われていますが、皆がぴったりで生まれてくるわけではありません。

ここでは、3週間早く生まれても5月生まれになるように、8月29日としております。

もちろん、8月29日をきっかけにするだけなので、8月の子作りでできなかったら、9月10月と継続していきましょう。

5月生まれが保育園に入りやすい理由3つ

どうして、5月生まれの子は保育園に入りやすいのでしょうか?

以下↓ 理由3つと出産から職場復帰までのスケジュールを紹介しています。

  1. 5月生まれだと長く育休できる
  2. 4月に入所するための申込みが12月にある
  3. 4月は慣らし保育、だから5月1日復帰がベスト

【スケジュール】

5月出産・子育てスタート
9月〜10月保育園情報 収集&見学
12月保育園入所申込み(保育園4月一斉入所)
翌年1月〜2月結果発表
翌年2月〜3月入れなかったら2次申込み
翌年4月保育園スタート
(最初は慣らし保育)
翌年5月1日パパママは職場復帰

5月生まれであれば、長く育休できる

5月生まれであれば、長く育休できます。

なぜなら、保育園は4月から新学期がスタートするため、5月に出産した場合、保育園に入所する翌年の4月までの11ヶ月間、育休を取得できるからです。

もし、子が10月生まれだった場合に、翌4月から保育園に入れるのであれば、育休期間は6ヶ月間です。子の生まれ月によって、育休できる期間に差がありますね。

4月から入所するための申込みが12月にある

4月に保育園に入所するための申込みが12月にあります。

そのため、9月〜10月は保育園の情報集めをして、11月には申込みに必要な書類を集める期間になります。

5月生まれであれば、11月の時点で生後6ヶ月なので、ゆっくり準備することができますね。

もし、子が10月生まれだった場合、生後1ヶ月の時に書類の準備をして、生後2ヶ月の時に申込みとなります。できないことはないですが、なかなか急なスケジュールですよね。

4月は慣らし保育、だから5月1日復帰がベスト

4月に保育園に入っても、最初は慣らし保育という期間があります。

園によりますが、最初からフルで預けることはせず、

初日は午前中だけ預けるなどして、「だんだんと時間を伸ばしていきましょう」と保育園から提案されると思われます。

子供によっては、2週間経っても保育園に馴染めない可能性もあり、4月に復帰してしまうと慣らし保育と職場復帰が被ってしまいます。

慣れない保育園に子供が熱を出すかも

職場復帰したばかりなのに、保育園からの呼び出しで早退となると、

ちょっと気まづいですよね。

5月生まれであれば、育休を5月1日まで取得することができるので、

4月生まれよりも5月生まれの方が保育園に預けやすくなります。

4月に保育園に入所したら、5月1日職場復帰が条件となります。
これは6月生まれでも7月生まれでも同じです。保育園に入所した次の月の1日までに職場復帰が条件です。

まとめ:妊活をはじめるおすすめタイミングは5月生まれ

5月生まれが保育園に入りやすい理由は以上です。

最後に情報をまとめておきます。

  • 5月生まれにするには8月29日に子作りスタート
  • 5月生まれであれば、11ヶ月間、育休できる
  • 5月生まれであれば、慣らし保育と職場復帰が被らない
  • だから、5月生まれは保育園に入りやすい

初めてのお子さんでも、第2子、第3子でも5月生まれは保育園に入りやすいです。

夏が終わる頃:それはヤキニクの日

結婚していくつかの夏が終わって、「そろそろ子供でも考えてみようかな」ということであれば、

是非、ヤキニクの日を思い出してみてください!

↓ をクリックするとgoogle mapで近所の焼肉屋を検索できます。

「OK google、近くの焼肉屋を探して!」

(ちなみに、本文中のヤキニクの日をクリックすると前祝の意味を込めて高級焼肉店へリンクしています)

8月29日の子作りで妊娠できなかったら来年まで待つの?

子供の誕生日は誰しもコントロールできるものではありません。

「8月29日の子作りで妊娠できなかったから、それじゃ次は来年、、」というわけにはいかないはずです。

8月29日はあくまできっかけですよね。

8月29日で妊娠しなかったら、9月、10月と子作りを続けていきましょう。

何月生まれまでが保育園に入れるのか?

では、何月生まれであれば、保育園に入れるのだろうか。

その場合、近所の保育園を調べてみた方がよいです。

なぜなら、入所できる条件を生後6ヶ月以降としているところがあるからです。

【妊活タイミングの取り方】保育園に入れるなら7月24日〜1月1日」で詳しく紹介していますが、

保育園がはじまる4月1日の時点で、生後6ヶ月以上が入所条件の場合、誕生日は4月2日〜10月1日である必要があります。

赤ちゃんが腹這いで笑っている
【妊活タイミングの取り方】保育園に入れるなら7月24日〜1月1日4月2日〜10月1日に生まれた子は保育園に入れやすい。なぜなら4月1日に満6ヶ月を迎えていることが保育園の条件であるためです。共働きを考えている夫婦に納得できる妊活タイミングを紹介...

保育園に入れなさそうであれば、どうする?

住んでいる地域の保育園が超激戦区で、何月に生まれようが、「0歳児枠で保育園には入れられない」という方もいますよね。

0歳児枠での入所が難しそうであれば、育休中に2人目を検討してみてはいかがでしょうか。

1人目の育休延長の制度を利用し、その期間に2人目を出産する方法を紹介しています。

≫「【育休中に2人目を計画】妊活タイミングとメリットと注意点と進め方

2人目の出産後は、兄弟同時に保育園へ入所申請すれば、点数がアップします。

子供が妊婦のお腹を支えている
【育休中に2人目を計画】妊活タイミングとメリットと注意点と進め方育休中に2人目を出産するための妊活の進め方を紹介。なぜ、育休中に2人目を出産したいのか、ゴールを決めて計画することが大切です。それぞれのゴールのタイミングとメリットと注意点を説明しています。...

おわりに

共働き夫婦であれば、職場復帰するために保育園入所が必須です。

この記事を読み終えたら、是非パートナーと記事をシェアして、妊活をいつからはじめるのか話をしてみましょう。

もし、身体のことや年齢的なことで、「生まれ月を気にしている場合ではない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

妊娠したら、「何月生まれになるのか」という意識を持つことが大切です。

≫「【妊活時期を計画】生まれ月による子供の特徴の違い3つ

【妊活時期を計画】生まれ月による子供の特徴の違い3つ生まれ月による子供の特徴には、3つの違いがあります。実は、4月生まれに近い方がメリットが多いです。個人的な特徴・経済的な利益・社会的な時期において、それぞれメリット・デメリットを紹介しています。...

記事を読んでいただいた感想や疑問など、僕で答えられることがあれば、twitterからDMください!

ABOUT ME
ryo1985
都内勤務30代。2020年1月より1年間育児休暇取得。その期間を海外での生活して見るのもいいんじゃないかと考え、調べに調べて育児休暇中のみオーストラリアのメルボルンへ移住。5歳♂4歳♀6ヶ月♂と毎日戯れる日々を送っています。
家族に関する悩み一覧
RELATED POST