子育て

【保育園から幼稚園へ転園理由は?】メリット・注意点・体験談

保育園になんとか入園させたけど、幼稚園に転園させずにこのままでいいのかどうか、迷っていませんか?

実際に、我が家では、息子を保育園の2歳児クラスに入れて、1年後の年少のタイミングで幼稚園に転園させました。

なぜなら、僕の教育方針に「第1子は実験台」というものがあります!

幼稚園と保育園、どちらがいいのか分からなかったので、第1子を転園させることにしました!

もし、転園させてみてよかったら、第2子・第3子も幼稚園に入園させる予定です!

この記事では、保育園から幼稚園に実際に転園させたパパが、転園のメリット・注意点を体験談を交えて紹介します!

記事を読んでいただければ、転園に迷うことはありません!

この記事はこんな人に向けています

子育てについて考えたい人
保育園と幼稚園の違いを知りたい人
転園のリアルを探している人

保育園と幼稚園の何が違うのか?

そもそもこの二つの違いって何か、知っていますか?

行政の管轄の違い

直接的な関係はあまりないですが、管轄している行政が違います!

  • 保育園は、厚生労働省
  • 幼稚園は、文部科学省

それぞれの省が保育園・幼稚園の基準を決めています!

例えば、保育園は調理室が必須などです!

他にも、以下↓ をそれぞれの基準があります!

  • 必要な職員の種類
  • 生徒の人数に対する先生の数
  • 必要な施設
  • 必要な広さ

管轄が違くても教育内容は保育園も幼稚園も同じ

名前は違いますが、3歳以降の教育のねらいや内容については一語一句同じです。

  • 保育園は、保育所保育指針
  • 幼稚園は、幼稚園教育要領

なので、保育園と幼稚園に関して、国が定める教育方針は同じということになります!

なんとなくの情報で「保育園は預かるだけ」で「幼稚園は教育である」と思っているパパママも多いので、ちょっとびっくりですよね!

僕も転園するまでは、そう思っていました!

申し込み及び入園方法が違う

保育園と幼稚園は管轄が違います!

  • 保育園は役所に申請
  • 幼稚園は幼稚園に申請

保育園の入園を管理しているのは役所

保育園に入園できるかどうかは行政、つまり役所が管理しています!

そして、保育が必要かどうかを役所が「親の状況で判断」しています!

片親である、または共働きでありその労働条件や兄弟の有無などを点数化して役所が判断していますね!

幼稚園の入園を管理しているのは幼稚園

一方で、幼稚園は、もちろん行政と連携を取っていると思いますが、

入園に関してはその幼稚園の基準で判断されています!

僕が息子を入園させた幼稚園の出願時に必要なものは「作文」でした!

A4用紙に「なぜこの幼稚園を選んだのか」を記載するというものでした!

最終的に、内容は自分で考えましたが、

文章の構成については知り合いに相談しながら、記載して無事に合格することができました!

保育園の合格基準は、世帯状況
幼稚園の合格基準は、何が正解がわからない作文

人数の違い

僕が保育園から幼稚園に切り替えた理由はこれです!

幼稚園の方が圧倒的に人数が多い!

  • 保育園は1学年18人
  • 保育園全体で100人(0歳児〜5歳児クラス)
  • 幼稚園は25人×4クラス=100人
  • 幼稚園全体で300人(年少・年中・年長×各100人)

地域性もあるかと思いますが、

僕の地域では幼稚園の方が通える同じ歳の人数が多かったです!

物理的に知り合う人数も増えますし、

例えばハーフや外国籍の子など含めて「いろんなお友達がいる」という多様性を早くから認識することもできます!

僕は、息子を転園させたいと思ったきっかけは人数の多さでした!!

理由としては、会うことができる人数が多いので子供が友達を増やし、

また親同士の知り合いも増えます!

それによって、自分の地域コミュニケーションも活性化したな、と強く感じています!

地球上に今さ、人口って何人いるか知ってる?63億人いるの。63億人に1人に1秒しか会わなくても180年かかるの。それを俺たちどう?出会って5分以上経ってる。奇跡!乾杯!

セカオザこと、スピードワゴンの小沢さんの名言です!

名言自体は、笑ってしまうものなのですが、新しい誰かに会うことは本当に難しいことです!

幼稚園の倍率ってどれくらい?

僕の息子の幼稚園の倍率は6倍でした!

内訳は以下↓ です!

幼稚園の募集人数が100人!

しかし、事前の説明会で話があり、100人中50人は兄弟枠で埋まっている!

すでにお兄ちゃんお姉ちゃんが通っている、もしくは卒園した園児の弟・妹は優先して入ることができるというお話でした!

最初は「ふざんけんな!」と思いましたが、

ここで第1子が入園できれば、第2子・第3子は100%合格できるんだ!、と

気持ちを切り替えました!

受験番号から察するに、残った50人枠を300人の園児が争う形だったので倍率は6倍だと思われます!

預けられる時間の違い

そもそも預けられる時間が合わなければ、転園を考えられませんよね!

  • 保育園は、最大7時から20時まで
  • 幼稚園は、8時30分から14時30分まで
    (預かり保育制度があり、18時30分まで延長可能)

僕の通わせていたところでは、保育園は20時まで、

幼稚園は、18時30分まででした!

なので、保育園の頃よりも早く迎えにかなければならないのです!

ファミリーサポートを利用

その繰り上がった1.5時間は「ファミリーサポート」という制度を利用していました!

これは行政がやっているサポート紹介サービスです!

サポートしてくださる方を紹介してくれて、条件が合えばお願いをします!

僕の場合は、幼稚園への迎え・夕食・お風呂をお願いしました!

幼稚園の預かり保育とファミリサポートシステムを掛け合わせることによって、保育園時代と変わらぬ時間配分を組み立てることができました!

「組み立てることができました」とか偉そうに言ってますが、ぶっちゃけ毎月が綱渡りのような日々でした!

金額の違い

3歳児から5歳児までの幼稚園・保育園の無償化が2019年10月よりスタートしました!

なので、どちらも一緒なのではと考えがちですが、そうではありません。

幼稚園には、いろいろとかかります!

  • 入園料
  • 施設料
  • 教材費
  • 制服周り

もしかしすると保育園でも徴収があるかもしれませんが、

絶対に幼稚園にしかないものは、制服・帽子や指定の鞄や体操服です!

これらをすべて購入するので保育園よりかかかるお金はかかります!

しかし、子供の制服姿は「本当にかわいい」ですよ!!

人生で初めて、激萌えだと思いました!

送迎の違い

保育園と幼稚園では、時間と方法が大きく異なります!

  • 保育園は、7時〜9時までに送る
  • 保育園は、親が教室まで行って準備をします
  • 幼稚園は、8時30分〜9時までに送る
  • 送迎バスの子はバスに乗ったらバイバイ
  • 親が幼稚園まで送る子は門の前でバイバイ

保育園の送迎

保育園は親の仕事次第ですから、

7時から預ける方もいれば、9時ギリギリに預ける方もいます!

送迎方法は、徒歩か自転車ですね!

幼稚園の送迎

逆に、幼稚園は一斉登校です! 決まった時間に送り届けます!

幼稚園は正門のところで先生とバトンタッチです!

親が教室に行って、準備することはしないです!

親の違い

保育園と幼稚園とでは、親の様子も違います!

  • 保育園の親は時間に追われています!
  • 行事への参加意識は低い!
  • 幼稚園の親は交流が多い!
  • そして行事などの参加意識が高い!

保育園に通わせている親

保育園に通わせている親は、ほとんど働いている方です!

なので、送迎の時はいつも時間に追われているように見えます!

そりゃそうですよね! 雑談している暇なんてありません!!

幼稚園に通わせている親

幼稚園のパパママは、もう様々です!

専業主婦(専業主夫)の方から自営業など様々な方がいらっしゃいます!

幼稚園のパパママはけっこう交流を求めています!

行事への参加意識も高いので、協力しあうという意識が強く、送迎時のコミュニケーションにも時間をかけるイメージです!

僕の場合は、送ったあとに会社に行かねばならないため、

幼稚園に切替えても行事への参加意識が低く、時間に追われておりました!

親の出動回数(行事)

親が園に行く回数は、幼稚園の方が圧倒的に多かったです!

親が行事で保育園に行く回数

だいたい年5回ぐらいです!

  • オリエンテーリング
  • 保育参観
  • 園の掃除

親が行事で幼稚園に行く回数

保育園のイベントに加えて以下↓ です!

  • 入園式
  • 運動会
  • お遊戯会
  • バザー
  • 終業式

土日のイベントもあるので、幼稚園の方が親が出動する回数が多かったです!

しかし、運動会やお遊戯会などの発表会系は「本当に感動」しますよ!

幼稚園では習い事がある

地域によるかもしれませんが、僕の通わせた幼稚園には習い事がありました!

習い事は、預かり保育の時間帯に幼稚園の敷地内で行われるため、

習い事の時間になったら先生が声をかけてくれるので勝手に習い事に行ってくれます!

もちろん、習い事が終わったら預かり保育へ戻り18時30分までお友達と遊んで過ごすことになります!

習い事の数はたくさんありました!

  • 空手
  • ペン字教室
  • サッカー
  • バレエ
  • 体操

僕はとりあえず息子が暇しないように、空手とペン教室と体操に入れてみました!

けっこう、楽しそうにやっていたし、

預かり保育でずっと遊んでいるだけなのもちょっとな、と思っていたのでちょうどよかったです!

もちろん、別途お金がかかるんですけどね!

【子供の習い事で親が変わる!】子育てから教わる教育方針と信念子供の習い事どうしようかと悩んでいませんか。子供が習い事に通うことで、親が教育方針や子育てに対する信念を教わるタイミングがあります。習い事の実体験から親の学べることを紹介します。...

まとめ:保育園から幼稚園へ転園

僕は、保育園も幼稚園も教育内容は同じということを知ったからこそ、子供が出会える友達の人数の多さで転園を選びました!

「保育園と幼稚園どちらがいいか」の問いに対して、

「園による」という一言で片付けてしまうのは簡単ですが、

こうやって紐解いてみると細かい違いが明らかになります。

また、ファミリーサポートを利用すれば、

幼稚園に転園させたとしても、共働き夫婦が保育園時代と変わらずに働き続ける方法もありました!

預かり時間の面がクリアにできれば、

保育園から幼稚園に転園させることも視野に入れてもよいのではないでしょうか!

子供の制服姿、運動会での勇姿、お遊戯会での長台詞に成長を感じますよ!

ABOUT ME
ryo1985
都内勤務30代。2020年1月より1年間育児休暇取得。その期間を海外での生活して見るのもいいんじゃないかと考え、調べに調べて育児休暇中のみオーストラリアのメルボルンへ移住。5歳♂4歳♀6ヶ月♂と毎日戯れる日々を送っています。
家族に関する悩み一覧
RELATED POST