子育て

【第3子に踏み出すきっかけが欲しい】お金・住宅・デメリットを紹介

供が2人生まれた子育て世帯であれば、

「3人目はいけるのだろうか」考えたことはありませんか。

子供は2人欲しいと考えていた夫婦が、やっぱり3人目も欲しいかも、と迷うことが多いからです。

この記事では、子供を3人に踏み出すきっかけを与えられるように、お金と住宅の解決方法とデメリットを紹介しています。

とにかく、経済的に3人目を育てられるかどうかを知りたい人は、保険屋さんに家計のシミュレーションをしてもらうとよいです。

≫「【子供3人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法

【子供3人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法子供2人の生活費にかかるお金をシミュレーションしてみませんか。シミュレーションは、必要な貯金や年収を計算して将来設計できる第一歩です。自分の家計の状況を知ることで不安を軽減することができます。...
この記事はこんな人に向けています

第3子を考えている人

第3子に踏み出すには、お金・住宅を確認

3人目に踏み出すには、お金と住宅を確認しましょう。

  • 保険屋さんに相談
  • 2段ベッドを置ける間取り

意外と難しいことではないことが分かります。

第3子に踏み出すためにお金の解決方法

第3子に踏み出すためにお金を解決するのであれば、保険屋さんが解決してくれます。

実は、【子供3人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法で詳しく紹介していますが、

保険屋さんは保険の提案だけでなく、家計の相談することができます。

相談すれば、答えをくれるので、是非保険屋さんに聞いてみましょう。

【子供3人の生活費】必要な貯金・年収・お金のシミュレーション方法子供2人の生活費にかかるお金をシミュレーションしてみませんか。シミュレーションは、必要な貯金や年収を計算して将来設計できる第一歩です。自分の家計の状況を知ることで不安を軽減することができます。...

余談ですが、我が家では2人目が生まれてマンションを購入した時に、

このシミュレーションをしてもらいましたが、

あなたの年収で子供3人は「ギリギリです!」という苦笑い回答でした。

おそらくですが、

「3人目は無理だよ」ってことを言いたかったんだと思います。

けれども、僕は子供を3人欲しかったので、「厳しそうだけど頑張る!」という気持ちで突き進みました。

第3子に踏み出すために住宅の解決方法

第3子に踏み出すために住宅を解決するのであれば、2段ベッド・3段ベッドを検討するしかありません。

家を建てるなり、マンションを買うなり、賃貸するとしても、2段ベッドか3段ベッドが入る家を選びましょう。

第3子に踏み出すには、デメリットを許容できる

3人目に踏み出すには、デメリットを許容できるか確認しましょう。

  • ベッドが狭い
  • 移動が高い

旅行好きな家族には少し辛い話です。

旅行先でベッドが狭い

旅行時の家族部屋は、4人家族用にセットされていることをが多いです。

5人家族だと少し狭く感じるかもしれませんが、大丈夫。

ベッドをくっつければ、5人で川の字になれますよ。

もし、それでも難しければ、パパは床で寝ましょう。

ホテルに頼めば、だいたい毛布くれますよ。

移動に一席増える

電車であれば、小学校からチケットが必要になります。

飛行機であれば、国際線は2歳から座席が必要、

国内線は3歳から座席が必要です。

なので、飛行機を使った旅行は3人目が2歳までに行きましょう。

国内の移動は、新幹線でなく、車もしくはレンタカーで移動しましょう。

第3子のメリットはないの?

ここまで、第3子のために乗り越えなければならない事ばかりを紹介しましたが、

3人目だけが受けられるメリットもあります。

保育園や幼稚園が無償

3人目の保育園は無償です。

令和元年の制度変更に伴い、幼稚園については1人目も2人目も無償です。

児童手当に優遇制度あり

3人目は、児童手当に優遇制度があります。

1人目と2人目の児童手当の総額は、約200万です。

3人目以降の児童手当の総額は、約250万です。

新しく用意するものはない

3人目の場合は、すでにほとんど揃っています。

ここ↓ から参照しました!

赤ちゃんがバウンサーに乗っている
【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備お産の立ち会いからベビーグッズまでの赤ちゃんを迎える初めての準備に必要なものを紹介しています。バウンサーはあった方が便利ですし、抱っこ紐はcuseberryがおすすめです。...

子育ての知識・経験は揃っている

お金のことだけではありません。

親にも、知識と経験値がすでに溜まっています。

1人目2人目の教訓を、ここで発揮しましょう。

ポジティブに捉える

おそらく、子供3人の家庭ってあまり多くはないと思います。

経済的な不安も大きいです。

しかし、先人たちの教えから、子供3人をポジティブに捉える言葉を紹介します。

三人子持ちは笑うて暮らす

子供は3人ぐらいが多からず少なからず、ちょうどよくて幸せな家庭を送ることができる。

「本当かよ!!」

思わずお金のことが頭をよぎりますが、お金がある=幸せではないと考えましょう。

三人寄れば文殊の知恵

凡人でも3人集まれば、素晴らしいアイデアが出るというたとえ。

「凡人扱いすんな!」

もし、親がいなくなったとしても3人で助け合えるかもしれません。

二度あることは三度ある

同じようなことが二度続けば、もう一度起こる可能性が高いということ。

つまり、2人子供がいれば3人目もありえますね。

「ただの可能性!!」

三矢の教え

一本の矢では簡単に折れてしまうが、三本束ねると容易には折れない。

かの有名な毛利元就の三子教訓状から生まれたお話です。

何かあった時には、3人で協力して苦難を乗り越えていって欲しいですね。

「これはいい話だ!!」

3人目を計画するタイミング

どのタイミングで3人目を計画したらいいのだろうか。

これは上の子の年齢と相談することが大切です。

幼少期には、いろんな壁があります。

  • 1歳の壁(保育園入園)
  • 3歳の壁(小規模保育の卒園)
  • 小1の壁(小学校入学・学童問題)

この壁と計画タイミングと育休を合わせることができたら、少し希望があります。

例えば、上の子2人が「年長・年少」のタイミングで妊娠・出産したら、

第1子が小学校入学のタイミングで育児休暇中に入ることができます。

大変であることは間違えないのですが、親としても初めて子供を小学校に入れることになるので、

どんな生活環境になるのか想像がつかないです。

そのタイミングで、育児休暇を取得できていれば、仕事のことは一旦置いておいて、環境作りに専念することができるかもしれません。

職場復帰しやすいのは5月生まれ

職場復帰しやすいのは、5月生まれです。

共働きの人は、5月生まれにできるといいですよね。

≫「【妊活をはじめるおすすめタイミング】5月生まれは保育園に入りやすい

草原にいる妊婦
【妊活をはじめるおすすめタイミング】5月生まれは保育園に入りやすい妊活をはじめる最高のタイミングは8月29日。なぜなら、保育園に入れやすい誕生日が5月だからです。職場復帰を考える共働き夫婦が妊活をはじめるきっかけ作りを保育園制度と合わせて解決します。...

まとめ:第3子に踏み出すきっかけ

第3子を踏み出すきっかけは以上です。

最後に情報をまとめておきます。

  • お金は、保険屋に相談
  • 住宅は、複数段ベッドを検討
  • デメリットは許容できる

第3子に踏み出すことにためらうことはありませんよ。

おわりに

子供が多ければ多いほど、賑やかで楽しいですよね。

大変かもしれませんが、僕は3人子供を持って本当によかったと思っています。

読み終えたらパートナーと記事をシェアして、第3子をどうするか話してみましょう。

記事を読んでいただいた感想や疑問など、僕で答えられることがあれば、twitterからDMください!

ABOUT ME
ryo1985
りょう 都内勤務30代。6歳♂4歳♀1歳♂の父。2020年1月より1年間育児休暇取得中。その期間に、海外移住・国内移住を経験。並行して、幼児教育・お受験についても試行錯誤を繰り返す。その経験やハウツーをブログやtwitterにて発信しています。 時間だけはたくさんあるので、仕事の相談でも悩みの相談でもお気軽にどうぞ!
何を始めたい?

子作りを始めたい

【妊活をはじめる前にできること】子供を授かるために必要なこと3つ

子供たちがスタートラインに立っている
【妊活をはじめる前にできること】子供を授かるために必要なこと3つ妊活を始めるのに必要なこと3つ紹介。産婦人科・精液検査・風しん対策は安全に赤ちゃんを迎えるに最低限必要です。子作りを考える夫婦が妊活する前に医療に頼る大切さを学ぶことができます。...

お金の相談を始めたい

保険代理店に相談する理由!保険加入・家計相談・住宅購入・資産運用

保険代理店に相談する理由
保険代理店に相談する理由!保険加入・家計相談・住宅購入・資産運用万が一の時に備える保険に加入する時には保険屋さんに相談しましょう。自分だけの判断で保険に加入し、万が一の時に保険適用されなかったら補償がされません。必ずプロに相談しましょう。...

お産の準備を始めたい

【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備

赤ちゃんがバウンサーに乗っている
【お産の立ち会いからベビーグッズ】赤ちゃんを迎える初めての準備お産の立ち会いからベビーグッズまでの赤ちゃんを迎える初めての準備に必要なものを紹介しています。バウンサーはあった方が便利ですし、抱っこ紐はcuseberryがおすすめです。...

育休中にブログを始めたい

【10分でブログを始める方法】Xserver社クイックスタート

【10分でブログを始める方法】Xserver社クイックスタートXserverのクイックスタートサービスを使用して、ブログを始める方法をまとめています。毎月かかるドメイン費も無料で使い続けることができるので、キャンペーン中に申し込みをすることをおすすめします。...

子供の習い事を始めたい

【子供の習い事で親が変わる!】子育てから教わる教育方針と信念

【子供の習い事で親が変わる!】子育てから教わる教育方針と信念子供の習い事どうしようかと悩んでいませんか。子供が習い事に通うことで、親が教育方針や子育てに対する信念を教わるタイミングがあります。習い事の実体験から親の学べることを紹介します。...